NEW YORK – March 30, 2021 –

ロケーションマーケティングのリーディングカンパニーである GroundTruth は、ローカルビジネス広告を基軸にビジネス展開している Addy を買収したことを発表いたします。

本買収により、Addy のセルフサービス式アドテクノロジー・UI と、GroundTruth のロケーションベース広告機能の連携が実現します。本連携により、中小企業のクライアントにも、弊社のマーケティングソリューションサービスをよりお手軽にご利用頂けるようになります。
※2021年3月現在、Addy との連携は日本未対応。

米国の業界予測によると、ローカル広告は前年比で2.5%の成長が見込まれ、米国全土で137.5億ドルに上昇すると予想されています。着実な成長予測にも関わらず、多くの中小企業はナショナルブランドと同じ広告ソリューションを扱う上での様々な課題に直面しています。

GroundTruth の CEO Steve McCarthy は、次のように述べました。
「私たちはナショナルブランドや代理店のビジネス成果促進に焦点を当てたカスタマーエクスペリエンスを構築し、成果を得ております。その一方、中小企業のクライアントからは、より簡素化された広告配信プロセスを希望するお声を頂いておりました。Addy を買収することで、地方の中小企業を含むすべてのクライアントに優れたカスタマーエクスペリエンスの提供ができると考えております。」

日頃より、中小企業から大企業まで様々な規模のブランド、リセラー、代理店の皆様に弊社の広告プラットフォーム、 Ads Manager をご利用頂いております。
今後は中小企業の皆様にもよりお手軽にご利用頂けるよう、Addy と共によりシンプルでスムーズな広告プランニングや配信をサポートさせて頂きます。
Ads Managerでは最低出稿予算やインプレッションの制限なしで、ターゲットを絞って正確にターゲットユーザーにリーチすることができます。

Addy の CEO Ben Bilbrough は、次のように述べました。
「当初から Addy の使命は、広告配信プロセスをより簡単に、より直感的に、そして小規模のマーケターにとって使い心地の良いものにすることでした。GroundTruth にジョインし、これからの新たな挑戦に胸が高まっています。私たちは GroundTruth と共に、中小企業の皆様のビジネス成長を支援致します。」

GroundTruthは、ローカルビジネスの成長に合わせたマーケティングサービス、ソリューション、インサイトを提供します。また、小売業者、CPGブランド、レストラン、その他主要な業界と協力しながら、効果的なマーケティング戦略を推進致します。

Addy について
Addy は、チラシ、OOH、テレビ、ダイレクトメールの配信、クリエイティブ制作サービスなど、ローカルビジネスにおける包括的な広告オプションを提供しています。
ローカルのマーケターは、PC、タブレット、またはスマートフォンから直感的に、使い慣れた環境から広告を購入して配信することができます。
数回のクリックでローカルマーケットへ向けた広告配信先の絞り込み・配信ができます。

2016年に Adverator として設立された同社は、2019年からブランド名を Addy に変更しました。

GroundTruth について
GroundTruthは、ロケーションを主要な情報源としてマーケティングに活用する世界屈指のテクノロジー企業です。
オフラインとオンラインのデータを統合し、「訪問データ」と呼ばれる独自のデータセットを提供しています。これにより、ブランド、代理店、SMB、および非営利団体は、パフォーマンスの高いビジネス成果(ROI)の推進が期待できます。
セルフサービスの広告プラットフォームやフルサービス、またはパートナーシップを通じて、これらのデータを有効活用しています。
また、独自のBlueprintsテクノロジーと、第三者から提供されるモバイル位置情報を組み合わせた独自の精査プロセスを構築し、グローバルで年間300億回以上の訪問をより正確に計測しています。