GroundTruthのAds Managerは、日本国内で特許取得済みの最先端のロケーション広告配信プラットフォームです。その最先端の機能の一部をご紹介します。



圧倒的な配信スケール

広告主からの店舗等のデータ提供を必要とせず、全国のありとあらゆる店舗や施設を上限なく、リアルタイムにターゲティングが可能です。例えば、「全国の9万近くの自動車ディーラー周辺に一斉配信」や、「全国の2万近くのドラッグストア周辺に一斉配信」などのスケールのあるターゲティング戦略が可能です。


自由に訪問計測の店舗登録ができる

Ads Manager上で登録されているありとあらゆるブランドの店舗や、自身のまだ登録されていない店舗など、自由に訪問計測対象の店舗を指定できます。また、新規で登録された店舗は、特許技術のBluePrintsによって、自動的にポリゴン化されます。


膨大なオーディエンスセグメントを簡単選択

GroundTruthでは、過去に特定の店舗へ訪問されたユーザー群をセグメント化する技術(Location Audience)があります。自社のターゲットオーディエンスに近しいセグメントを直感的に検索・選択することができ、ユーザーの訪問履歴をベースとしたキャンペーンの設計がシンプルに行えます。


ユーザーフレンドリな店舗までの誘導

自動的に最寄り店舗までの距離を挿入するスマートクリエイティブを搭載。また、クリック後は、自動的に最寄り店舗の情報を含むランディングページをダイナミックに作成、「経路」のボタンを押せば、最寄り店舗までシームレスに誘導できます。


多彩なロケーションレポート

Ads Managerでは、ロケーションに関するキャンペーンレポートを多数用意。各地域の配信量、訪問数を視覚的に確認するレポートや、日別のCPV(Cost per Visit)や、反応したユーザーの属性など、次のアクションに繋がるインサイトをすぐに得ることができます。


強力なターゲティングメニュー

衝動的なニーズを顕在化させる店舗の周辺ターゲティング、可処分時間を狙うインストアターゲティング(On-Premise)、特定の店舗の商圏をデータサイエンスで判別するNeighborhood, 過去の履歴をベースとしたロケーションオーディエンス、など、ロケーション広告に特化した強力なターゲティングメニューを用意。

お問い合わせはこちら
Ads Manager Overview