オンラインマーケティングでは、データで見れる様々な数字によって、ユーザーの行動が非常によく可視化できます。一方で、オンラインの世界で、全てのユーザーの意図や属性を理解できるわけではありません。なぜならば、デジタルの世界では、その「行動」を起こすのに、さほど労力を費やす必要がないからです。例えば、ウェブサイトを3つほど訪問したり、検索を3回行うのに、10分もかかりません。つまり、そこにユーザーの強い意志や意図がなくても、データには、あたかも存在しているように見えてしまいます。

オフラインの世界においては、ユーザーの強い意図や意志が必ず存在しています。ジムに行ったり、ショッピングに出かけたり、サッカーの試合を観戦したり。それぞれの行動に対して、実際に足を運ぶわけですから、それなりの「時間」や「労力」を投資する必要があります。

ロケーションマーケティングのパイオニアであるGroundTruthは、今までデジタルマーケティングの分析では見えなかった消費者の傾向を可視化していきます。