GroundTruth社のテクノロジーと連携し、位置情報マーケティングを加速

2018年3月28日

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)は、日本最大級のビーコンネットワークを運営する「株式会社unerry社」(以下「ウネリー社」、本社:東京都千代田区、代表取締役:内山 英俊)と資本業務提携いたしました。当社は先般、資本業務提携したGroundTruth社(以下「GT社」)が有する世界で最も優れた位置情報マーケティングプラットフォームと、ウネリー社のビーコンネットワークを連携させることで、より高精度で効果的な位置情報マーケティングを実現していきます。

ビーコンとは、街頭や店舗などに設置された微弱な信号を発信する機器のことで、受信可能なスマートフォンに対して、信号の位置情報に応じたメッセージの配信を可能にします。数メートル単位での位置情報を正確に把握できることに加え、GPSでは把握しにくい地下やビルの階数など垂直方向の情報も計測することができます。ウネリー社は、こうした特徴を持つビーコンの特許技術を活用し、全国56万台のビーコンをネットワーク化した”Beacon Bankを運営しています。

用途としては、例えばGT社のプラットフォームと連携させることで、ある商業施設の最寄り駅にいるターゲット層や、過去にその商業施設に来訪したことのあるターゲット層が見ているスマートフォンアプリに、広告やクーポンなどの情報を配信することができます。また、ウネリー社のビーコン情報を活用することで、商業施設での階数ごとに異なるクーポン発行や、来店計測を売り場ごとで行うことが可能になります。

今後も当社は、”人”を起点とした「People Driven Marketing」のさらなる強化に向けて、GT社が保有するデータに加え、ウネリー社のように位置情報データに関する独自の強みを持つパートナーとの提携を加速し、世界最高レベルの位置情報マーケティングを国内で展開していきます。

<unerry社の概要>
・社   名:株式会社unerry
https://www.unerry.co.jp/
・所 在 地:東京都千代田区
・代 表 者:内山 英俊
・設   立:2015年8月
・資 本 金:139百万円
・事業内容:オフライン行動データプラットフォーム「Beacon Bank」の運営、ビッグデータ解析・戦略コンサルティング、ロイヤルティー・プログラムの企画運営など